新橋 汐留の内科 ラファエルクリニック

保険診療

  • 一般内科診療
  • 禁煙外来
  • 花粉症治療
  • Viewアレルギー39検査

予防医療

  • 各種予防接種
  • 健康診断

自費診療

  • 専門外来

  • 患者さまの声
  • スタッフ募集

ラファエルクリニックのブログ

facebook-ラフェルクリニック

twitter-ラファエルクリック

2015年2月28日発売の「Oggi」4月号に当院が紹介されました。

「In Red 3月号」に記事が掲載されました。

「日経woman 12月号」に記事が掲載されました。

「GOLD」の「自分の体を詳しく知ろう」にて「遅延型フードアレルギー検査」に注目など掲載されました。

「日経ヘルス」に「分子栄養学の最新検査と栄養療法が受けられる、全国の医療機
関19」に当院がリストアップされました

健康365」に平成25年4月より毎月連載を書きます。ご一読ください。

CREA9月号-働く女性に安心全国クリニックガイドに掲載されました!

  • 携帯サイト

副腎疲労症候群外来

副腎疲労症候群外来

副腎疲労症候群とはどんな病気か

副腎疲労症候群とは、副腎が疲弊してその機能が低下し、結果として、ホルモンのバランスが乱れる疾患です。ホルモンのバランスが乱れると、疲労感や無気力、不眠をはじめ、様々な症状が現れてきます。

副腎:腎臓の上に左右1対、帽子のように載っている、3cm程の内分泌器官です。コルチゾール、アルドステロン、性ホルモン、アドレナリン、ノルアドレナリンなど、多くの種類のホルモンを産生・分泌しており、生命の維持に不可欠な臓器です。

副腎疲労症候群の原因

人間はストレスがかかると、これに対抗して脳の下垂体から副腎皮質刺激ホルモンが出ます
副腎はその刺激を受けて、コルチゾールを分泌します。コルチゾールは、交感神経を刺激して体の緊張状態を保ち、脈拍や血圧を上昇させて運動機能を増幅します。これによってストレスを受けた脳をはじめとする全身の調子、バランスが整えられるのです。コルチゾールが「抗ストレスホルモン」とも言われるゆえんです。

しかし、ストレスを続けざまに受けていると、副腎もそれに対抗して働き続けるので、やがては“疲弊”をきたしてしまいます。するとコルチゾールの産生も追いつかなくなり、ホルモンのバランスが乱れ、様々な症状が現れてくるのです。

副腎疲労症候群の主な症状

副腎疲労症候群の主な症状には、下記のようなものが知られています。いくつも当てはまるようなら、副腎疲労症候群が疑われますので、この疾患に詳しい医療機関への受診をお勧めいたします。

  •  疲労感が強く、朝はベッドから起き出せない。
  •  無気力で、何事にも集中できず、思考もまとまらない。
  •  なかなか寝つけず、眠ってもすぐに目が覚める。
  •  コーヒーや塩辛いものを好むようになるなど、食の嗜好が変わった。
  •  花粉症などのアレルギー症状がひどくなった。
  •  立ちくらみやめまいがする。
  •  ストレスにうまく対処できず、打たれ弱くなった。
  •  記憶力が低下した。
  •  性欲が減退した。
  •  風邪をひきやすくなった。
  •  PMS(月経前症候群)が悪化した。
  •  夕方になると元気になってくる。 など

ラファエルクリニックでの副腎疲労症候群の治療について

当クリニックでは、最初に問診や検査を通じて、副腎疲労症候群かどうかについての正確な診断をいたします。
そして、副腎疲労症候群であることが確認できたら治療に入りますが、当クリニックでは、できるだけ薬物に頼らない治療(ストレスに対処する支援、食の改善をはじめとする生活指導など)を心がけております。

副腎疲労症候群は、上記のように、長期にわたるストレスが重なってもたらされます。
ですので、その治療についても時間をかけて、じっくりと行っていきます。

これまで受診された患者様のほとんどが、治療を続けるうちにつらい症状からの回復を自覚され、引き続き当クリニックに通院しておられます。
副腎疲労症候群が気になったら、まずはとにかくご相談ください。

副腎疲労症候群の診療はすべて自費診療(保険適応外)となります。
  ご予約は診療時間内にお電話(tel:03-6254-5335)にてお願い致します。
  また、診療に関する詳細やご不明な点についてもクリニック(tel:03-6254-5335)までお電話にて、
  お気軽にお問い合わせください。

患者様の声

2010年の秋口位だったと思います。結婚したばかりの私は当時30歳でした。
仕事も生活もバリバリやっていこうと息巻いていた、人間としてとても若い時期でした。
何でもやってやろうと思っており、禁煙にチャレンジしました。

30代 男性 続きはこちら »

数年前、職場と家庭内のことで一度にストレスを多く抱えるようになりました。
気力で頑張って来ましたが、一年程前から朝起きるのがとても辛くなり、仕事に遅刻しがちになりました。

30歳代 女性 続きはこちら »

受診する数年前から頭がぼーっとして回らなくなり、目もかすみ、朝めまいがして起きられず、数日会社を休むという状況がたびたびあって困っていました。 加齢によるものなのか、鬱なのか…
なんだか違う気がして悩んだ末、知人だったラファエルクリニック院長先生に相談しました。

41歳 女性 続きはこちら »

10年以上前から体調の悪さに悩み続けて来ました。
その間受診した病院は数え切れないくらいあります。
でも、どこへ行っても原因が分からず、「精神的なもの」「疲れ」「歳のせい」「更年期」などと言われ、休む様にアドバイスされるだけで治療には繋がりませんでした。

45歳 女性 続きはこちら »

20代からずっとPMSがひどく、一ヶ月のうち10日以上、頭痛や吐き気、お腹の痛み、イライラ、怠さなどの著しい不調に悩まされ会社を休むこともしばしばでした。
一年以上漢方薬を飲んでみたり、婦人科に相談してみたこともありましたが良くなることはなく半ば諦めていました。

40歳 女性 続きはこちら »

メール相談・電話相談について 「こんな事で、受診するほどではないのでは」「こんな症状で受診したら、取り合ってもらえないのでは」「治るのか、治してもらえるのかわからない」などと、お悩みの場合は、まずは気軽に電話にてご相談ください。様々な観点から、お悩みの解決の糸口を見つけていきます。[電話相談受付時間] 9:00 - 12:30 / 15:00 - 17:00[TEL]03-6254-5335休診日 土曜・日曜・祝日

医 院 概 要

アクセスマップ

大きい地図(Googlemap)はこちら >>

[ACCESS]
JR線、ゆりかもめ、
都営浅草線「新橋」駅
地下歩道2出口より徒歩1分

東京メトロ銀座線「新橋駅」徒歩3分

都営大江戸線「汐留駅」徒歩1分

ラファエルクリニック

[診療科目]
一般内科・自費診療

[ADRESS]
〒105-0021
東京都港区東新橋1-2-10 パル汐留4階

[TEL] 03-6254-5335

24時間インターネット予約はこちら

[受付時間]
9:00 - 12:30 / 15:00 - 17:45
休診日 土曜日曜祝日

受付時間
9:00 - 12:30
15:00 - 17:45

△しばらくの間、毎月曜日は院長の研修のため
 休診とさせていただきます。

最終受付時間は検査や処置内容により
 異なりますので、お手数ですがお問い合わせ
 願います。

ページトップへ