新橋 汐留の内科 ラファエルクリニック

保険診療

  • 一般内科診療
  • 禁煙外来
  • 花粉症治療
  • Viewアレルギー39検査

予防医療

  • 各種予防接種
  • 健康診断

自費診療

  • 専門外来

  • 患者さまの声
  • スタッフ募集

ラファエルクリニックのブログ

facebook-ラフェルクリニック

twitter-ラファエルクリック

2015年2月28日発売の「Oggi」4月号に当院が紹介されました。

「In Red 3月号」に記事が掲載されました。

「日経woman 12月号」に記事が掲載されました。

「GOLD」の「自分の体を詳しく知ろう」にて「遅延型フードアレルギー検査」に注目など掲載されました。

「日経ヘルス」に「分子栄養学の最新検査と栄養療法が受けられる、全国の医療機
関19」に当院がリストアップされました

健康365」に平成25年4月より毎月連載を書きます。ご一読ください。

CREA9月号-働く女性に安心全国クリニックガイドに掲載されました!

  • 携帯サイト

アンチエイジングドック - 統合医療(アンチエイジング)

アンチエイジングドック

アンチエイジングドックとは、老化度・老化危険因子(エイジングチェック)、酸化ストレス、毛髪有害金属テストなどの検査を行い、末永く若々しい生活を送っていただくことを目指す総合的な抗加齢健診といえます。

一般の人間ドックが、病気の早期発見・早期治療を目的とした検査であるのに対し、アンチエイジングドックは、病気になる前に体の弱点や老化度を判断し、患者様お一人お一人に合った予防医療を提供するための検査です。

ラファエルクリニックのアンチエイジングドックについて

ラファエルクリニックのアンチエイジングドックについて

100歳を過ぎても痴呆や癌がなく、さらに介護状態にもならず、健康的に暮らしている人々を調べると、血管、筋肉、骨、神経など身体の各部分がバランス良く機能しており、身体の弱点がほとんどないことが分かりました。
これらの調査結果により、ラファエルクリニックでは、身体の各部全体がバランス良く機能しているかを患者様のニーズに合わせた検査コースにて診断・実施いたします。

例えば血管が硬くなっていると、血管が詰りやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞といった生活習慣病を発症する可能性が高くなります。
また骨量が減っていると、転んだだけで骨折しやすくもなります。

そこでラファエルクリニックのアンチエイジングドックでは、血管、骨量、筋肉力、ホルモン量などを検査して、その人の弱点となっている部分を検査・診断し、そして患者様ごとの改善点を明らかにしていくことを目的としています。

以下にラファエルクリニックのアンチエイジングドックによる検査内容をご説明いたします。

アンチエイジングフルドック料金表はこちら

ラファエルクリニックのアンチエイジングドック内容

< 血管年齢検査 >

血管年齢検査

血管の硬さ、つまり動脈硬化度を調べます。同時に血管の詰まり具合も調べます。脈波が血管を伝わる速度を計測する「脈波伝播速度法(PWV)」と「指尖加速度脈波法」等があります。

また、ラファエルクリニックではCAVI・ABIや頸動脈エコーを使用して、詳細に動脈硬化の検査を行うことができます。


< 骨年齢検査 >

骨密度を測定します。(骨粗鬆症検査)
30代かそれ以前の若い時期から骨密度の数値が低い場合、骨粗鬆症の予防的な対処が必要です。更年期以降で骨密度の値が低い場合は、ホルモン補充療法、薬物療法などを行います。

< 筋肉・体脂肪量検査 >

体組成計という検査機器を用いて、体重、体脂肪率、右腕・左腕・体幹・右脚・左脚の筋肉バランスなどからだの組成を検査致します。

< 酸化ストレス度測定 >

身体が受けている酸化ストレスによるダメージの程度を尿検査から判定します。

< ホルモン濃度測定 >

IGF-I、DHEA、コルチゾール、甲状腺ホルモン、男性ホルモン・女性ホルモンなどのホルモンを血液、尿検査等から調べます。

< 有害重金属検査 >

水銀、鉛、ヒ素、カドミウムなどの有害重金属が体内に蓄積しているかを調べます。 また、必須ミネラルの不足の有無も検査致します。毛髪から調べる方法と、尿から調べる方法があります。
ラファエルクリニックでは、より信頼度が高いと言われている「有害金属&必要ミネラル経皮測定検査(オリゴスキャン)」を行っております。

アンチエイジングフルドック料金表はこちら

ページトップへ

アンチエイジングフルドック

検査の流れとご説明

抗加齢問診票記入、診察

 

血液尿フル検査、体組成検査、動脈硬化検査、骨密度検査、体内酸化ストレス度検査、呼吸機能検査、有害金属&必要ミネラル経皮測定検査(オリゴスキャン)

 

4~6週間後解析レポート完成

 

再診にてレポート結果説明とアドバイスおよび治療のご提案

 

一般の検診や人間ドックで異常がないが体調不良がある方、全身の状態をより詳しく知りたい方など。どなたにも自信を持っておすすめ出来るフル検査セットです。

 

ページトップへ

アンチエイジングプチドック

検査の流れとご説明

問診票記入、診察

 

血液尿基本検査、体組成検査(約1時間前後)

 

1週間程度で結果が出ます

 

再診にて栄養療法医学からの結果解析説明とアドバイス及び治療のご提案

 

まず自分の身体の基本的な状態を簡便にチェックしたい方、特に強い症状はないが健康やアンチエイジングに関心のある方、などにおすすめです。

 

ページトップへ

動脈硬化ドック

検査の流れとご説明

問診票記入、診察

 

動脈硬化関連の血液検査、動脈硬化度検査(CAVI)

 

2~3週間で結果が出ます

 

再診にて結果説明とアドバイスおよび治療のご提案

 

ページトップへ

女性ホルモンドック

検査の流れとご説明

問診票記入、診察

 

ホルモン血液検査

 

2週間程度で結果が出ます

 

再診にて結果説明とアドバイスおよび治療のご提案

 

ページトップへ

男性ホルモンドック

検査の流れとご説明

問診票記入、診察

 

ホルモン血液検査

 

2週間程度で結果が出ます

 

再診にて結果説明とアドバイスおよび治療のご提案

 

ページトップへ

ウエディングドック

検査の流れとご説明

問診票記入、診察

 

血液尿(基本+女性ホルモン)検査、有害金属&必要ミネラル経皮測定検査(オリゴスキャン)

 

3~4週間程度で結果が出ます

 

再診にて結果説明と今後のアドバイスおよび治療のご提案

 

ウエディングドックについて

女性が妊娠出産を考える時、まずご自身の身体を十分な栄養素で満たし、また不要な重金属などは出来る限りデトックスして身体を良い状態にしておくことは親子の両者の将来にとって大変重要なことです。近年、農薬や環境汚染の影響で野菜の栄養素は50年前の1/4以下となったとも報告されています。また水銀をはじめとする有害金属が体内に蓄積している人も実際大変多くなってきています。子供は親のお腹にいる間、母親の身体からもらう栄養素だけで身体を作らなくてはなりません。母体のビオチン欠乏による子供の口蓋裂、葉酸欠乏による脊椎二分症、最近では水銀と自閉症児の関係についても多くの報告がなされています。たった一つの栄養素が欠乏しただけでも赤ちゃんに奇形をも招きかねない厳しい環境社会に我々は今生きてゆかなければなりません。そんな皆様のお役に立ちたいと考えて作られたのがこのドックです。

これから妊娠出産を考えはじめている方には是非おすすめです。体調改善にはある程度のお時間が必要であるため、できるだけ早めのご相談をおすすめ致します。その他、産後の心身の不調のある方などにもおすすめです。

【 注 意 】
既に妊娠していらっしゃる方や授乳中の方は治療方法が限られる場合がありますのでご了承ください

医 院 概 要

アクセスマップ

大きい地図(Googlemap)はこちら >>

[ACCESS]
JR線、ゆりかもめ、
都営浅草線「新橋」駅
地下歩道2出口より徒歩1分

東京メトロ銀座線「新橋駅」徒歩3分

都営大江戸線「汐留駅」徒歩1分

ラファエルクリニック

[診療科目]
一般内科・自費診療

[ADRESS]
〒105-0021
東京都港区東新橋1-2-10 パル汐留4階

[TEL] 03-6254-5335

24時間インターネット予約はこちら

[受付時間]
9:00 - 12:30 / 15:00 - 17:45
休診日 土曜日曜祝日

受付時間
9:00 - 12:30
15:00 - 17:45

最終受付時間は検査や処置内容により
 異なりますので、お手数ですがお問い合わせ
 願います。

ページトップへ