新橋 汐留の内科 ラファエルクリニック

保険診療

  • 一般内科診療
  • 禁煙外来
  • 花粉症治療
  • Viewアレルギー39検査

予防医療

  • 各種予防接種
  • 健康診断

自費診療

  • 専門外来

  • 患者さまの声
  • スタッフ募集

ラファエルクリニックのブログ

facebook-ラフェルクリニック

twitter-ラファエルクリック

2015年2月28日発売の「Oggi」4月号に当院が紹介されました。

「In Red 3月号」に記事が掲載されました。

「日経woman 12月号」に記事が掲載されました。

「GOLD」の「自分の体を詳しく知ろう」にて「遅延型フードアレルギー検査」に注目など掲載されました。

「日経ヘルス」に「分子栄養学の最新検査と栄養療法が受けられる、全国の医療機
関19」に当院がリストアップされました

健康365」に平成25年4月より毎月連載を書きます。ご一読ください。

CREA9月号-働く女性に安心全国クリニックガイドに掲載されました!

  • 携帯サイト

キレーション点滴-各種点滴

キレーション治療とは

キレーション治療は1940年代より、鉛などの有害金属を体外に排出するための治療として行われてきました。

キレーションの語源は、ギリシャ語のキレ(カニのハサミのこと)に由来しており、キレート剤が体内の有害金属を挟んで結合する特性から「キレーション」と名付けられました。

さらにその後になり、心臓病や動脈硬化などの循環器疾患の治療にも有効であることが確認されました。
その上、キレーションの抗酸化作用により、血管が若返り細胞が活性化する効果も認められております。

現在、アメリカでは100万人以上の方が心臓病や動脈硬化などの治療目的でキレーション治療を受けています。

キレーション治療の2つの目的

キレーション治療により期待できる効果は大きく以下の2つです。

  •  金属デトックス
  •  心筋梗塞や動脈硬化の予防及び改善

キレーション治療には、前述のように
1)体内の有害金属を排出する目的で行うもの(金属デトックス)
2)動脈硬化の予防・改善を目的に行うもの
があります。

上記の他、キレーション治療には血中の酸化を防止し、血液をサラサラにする効果もあるため、
 老化防止や若返り効果等も期待できます。

キレーション治療を行う目的に応じて、検査法や使用するキレート剤が異なります。 以下に詳細をご説明致します。

キレーション治療で有効な病態や病名について

キレーション治療では以下の病気等の予防・改善に効果が期待できます。

  •  有害金属の蓄積が原因となる様々な症状
  •  動脈硬化や細胞の石灰化
  •  高血圧
  •  脳梗塞や心筋梗塞、その他の心臓疾患
  •  細胞の抗加齢(アンチエイジング) など

有害金属の蓄積が原因となる主な症状および病気一覧

主な症状

一般的に体内に鉛や水銀などの有害金属が蓄積すると次のような症状が現れることがあります。

  •  疲れやすさ、倦怠感
  •  肌荒れ、皮膚炎
  •  アレルギー症状
  •  手足等のむくみ
  •  筋肉や関節の痛み
  •  頭痛や頭重感
  •  イライラや集中力の低下
  •  目の疲れ
  •  冷え性
  •  肩こり
  •  めまい
  •  しびれ
  •  抑うつ症状
  •  腸の不調 等

主な病気等

以下に主な有害金属の体内蓄積が原因となっている可能性の高い病気等を列挙します。

水銀 手足の震えや痺れ、うつ症状、不眠、視力低下、情緒不安定、記憶力の減退、集中力の低下、中枢・末梢神経障害、自閉症、免疫機能の低下、アレルギー、皮膚炎、蕁麻疹、カンジダ症、心臓血管疾患、動脈硬化 等
貧血、眩暈、末梢神経障害、記憶力の減退、集中力の低下、イライラ、免疫機能の低下、骨や筋肉の痛み、腹痛、高血圧、腎機能障害、発がん 等
カドミウム 脱毛、貧血、腎機能障害・たんぱく尿、骨折、筋肉痛、関節痛、骨軟化症、高血圧、低血圧、線維筋痛症、慢性疲労症候群、心筋梗塞、骨粗鬆症、発がん 等
ヒ素 聴力障害、胃腸障害、末梢神経障害、多発神経炎、手足の痺れ、色素沈着、角質の異常、皮膚炎、貧血、骨髄抑制、心臓血管疾患、動脈硬化 等
アルミニウム アルツハイマー病、認知症、線維筋痛症、慢性疲労症候群、マグネシウム喪失、尿中アンモニア排泄の増加 等
ニッケル アレルギー、皮膚炎、金属アレルギー、不眠、下痢、鼻炎・副鼻腔炎、喘息・呼吸器感染症、NK細胞活性の低下、発がん 等

キレーション治療前の検査方法について

キレーション治療の目的が金属デトックスなのか、動脈硬化の予防・改善なのかにより、検査方法が以下の通り異なります。

1)体内の有害金属蓄積についての検査方法

体内の有害金属蓄積についての検査方法には

  •  毛髪金属検査
  •  尿中誘発試験

があります。

2)動脈硬化の程度についての検査方法

動脈硬化の程度については、1)CAVI検査(血管年齢)、2)いくつかの動脈硬化の指標となる血液検査等 を参考にします。

なお、キレーション治療後の効果を評価する際にも上記検査を行います。

キレーション治療の実際

1)有害金属に対するキレーション治療

有害金属の体内蓄積改善を目的としたキレーション治療の場合、点滴によりCa-EDTAというキレート剤を投与します。

~動脈硬化に対するキレーション治療の回数と評価について~

Ca-EDTAの点滴時間は、1回おおよそ45~60分ほどです。
週に1回もしくは2週間に1回の頻度で点滴治療を行い、20回の点滴が1クールとなります。

なお、5~10回ごとに検査を行い、改善の度合いを評価します。
(上記はあくまで目安であり、治療回数や頻度については受診の際に患者様の状態に合わせご提案して決めていきます。)

有害金属による各種症状が改善または消失した場合、
 あるいは概ね体内の有害金属が減少したと認められる場合に
 治療の終了を検討します。

2)動脈硬化に対するキレーション治療

動脈硬化の予防・改善を目的としたキレーション治療の場合、点滴によりNa-EDTAというキレート剤を投与します。

~動脈硬化に対するキレーション治療の回数と評価について~

Na-EDTAの点滴時間は1回おおよそ60分~90分ほどです。
週に1回もしくは2週間に1回の頻度で点滴治療を行い、20回の点滴が1クールとなります。

なお、5~10回ごとに検査を行い、動脈硬化の改善の度合いを評価します。
(上記はあくまで目安であり、治療回数や頻度については受診の際に患者様の状態に合わせご提案して決めていきます。)

上記が終わった後は、月に1~2回ほどの維持治療を行います。

キレーション治療ができない又は不適当な方

  •  妊娠中の方 (絶対禁忌)
  •  急性鉛脳症 (絶対禁忌)
  •  キレート剤や使用薬剤に対し、過敏性のある方
  •  中等度以上の腎機能障害のある方
  •  心不全の方
  •  進行中の肝臓疾患の方 
  •  抗凝固剤の内服を行っている方
  •  糖尿病のコントロールが悪い方 
  •  未成年の方 等

詳しくは当院までご相談ください。

注意事項

 キレーション点滴前には食事をしっかり摂ってください。
  また点滴前後では、水分を多めに摂取してください。(最低500ml程度)

 キレーション治療中はサプリメントを内服していただく必要があります。

 キレーション治療後に、尿から金属臭がすることがあります。
  これは有害金属が排泄されている証拠ですので、ご安心ください。

 キレーション治療を行うにあたり、腸内環境が悪い方や必須ミネラルが著しく不足している方については、
  まず先にサプリメントを服用していただき、事前にお腹のケア等を行い体を整えた上で、キレーション治療を
  開始する場合があります。

患者様の声

キレーションというのは、なんと不思議な点滴でしょう。
50歳ごろからなんとなく調子が悪く、血圧上昇・肩こり・食欲不振が続いた上に夏バテも加わり、さらに逆流性食道炎・胃のむかつきもひどく困っていました。

60歳女性 続きはこちら »

ページトップへ

医 院 概 要

アクセスマップ

大きい地図(Googlemap)はこちら >>

[ACCESS]
JR線、ゆりかもめ、
都営浅草線「新橋」駅
地下歩道2出口より徒歩1分

東京メトロ銀座線「新橋駅」徒歩3分

都営大江戸線「汐留駅」徒歩1分

ラファエルクリニック

[診療科目]
一般内科・自費診療

[ADRESS]
〒105-0021
東京都港区東新橋1-2-10 パル汐留4階

[TEL] 03-6254-5335

24時間インターネット予約はこちら

[受付時間]
9:00 - 12:30 / 15:00 - 17:45
休診日 土曜日曜祝日

受付時間
9:00 - 12:30
15:00 - 17:45

△しばらくの間、毎月曜日は院長の研修のため
 休診とさせていただきます。

最終受付時間は検査や処置内容により
 異なりますので、お手数ですがお問い合わせ
 願います。

ページトップへ