新橋 汐留の内科 ラファエルクリニック

保険診療

  • 一般内科診療
  • 禁煙外来
  • 花粉症治療
  • Viewアレルギー39検査

予防医療

  • 各種予防接種
  • 健康診断

自費診療

  • 専門外来

  • 患者さまの声
  • スタッフ募集

ラファエルクリニックのブログ

facebook-ラフェルクリニック

twitter-ラファエルクリック

  • 携帯サイト

マイクロアレイ血液検査

消化器がんを早期発見

4つのがんを採血で判定。「マイクロアレイ血液検査」のご案内

「マイクロアレイ血液検査」のご案内

日本人の死因のトップを占める「がん」。
男性の60%、女性の45%ががんにかかるといわれています。
つまり日本人の2人に1人が「がん」にかかっており、4人に1人が死亡しています。

このように誰にでも発症する可能性がある「がん」ですが、「不治の病」というわけではありません。
早期に発見・治療することで、死亡率は減少し、完治する可能性を高くすることができるのです。

5年生存率の低い消化器がん

部位別のがんの発症数でも上位を占める消化器がんは、ほとんどは進行するまで自覚症状がありません。他の部位に比べると早期発見がしにくく、特に膵臓がんは男性は7.1%、女性は6.9%と5年生存率が非常に低い結果となっています。

しかし早いステージにおいて発見し、治療を行うことで、膵臓がんにおいても、ステージⅠで57%、ステージⅡで44%と、5年生存率を高くすることができるのです。

マイクロアレイ血液検査とは?

マイクロアレイ血液検査は、

胃がん、 大腸がん、 胆道がん、 膵臓がん

の4つのがんの有無を採血で判定する検査です。

マイクロアレイとは、がん細胞などの異物を攻撃する際に生じる遺伝物質(m-RNA) のパターンを測定する技術です。この技術により、血液が「がん細胞」に反応する状況を世界で初めて遺伝子レベルでとらえることができるようになりました。これを利用し開発されたのが、マイクロアレイ血液検査です。

マイクロアレイ血液検査の4つの特徴

<特長その1> 高い感度

消化器のがんに対して9割の高い感度を示しています。

<特長その2> 一度の採血

胃がん、大腸がん、膵臓がん、胆道がんが検査の対象となり、一度の採血で検査できます。

<特長その3> 簡単な検査方法

検査は1回の採血(5ml)のみです。お体への負担や、時間的拘束が少ないことも特徴です。

<特長その4> 安心の検査方法

特殊な薬剤の投与や、X線の被爆もありません。

検査結果レポートのイメージ

以下の3段階の解析を行い、各がんのリスクを判定しております。

  • がん・炎症により変動する2,665種のRNA発現量
  • 消化器がんにより変動する21種のRNA発現量
  • 各臓器のがん症例のRNAの発現パターン
ページトップへ